悩みや不安を解決!解消する人、解消しない人の差がここにある!悩みのポータルサイト
 悩みサイト TOMO-CLUB 健康の悩み、美容の悩み、ダイエットの悩み、就職の悩み、自動車保険の悩み、生命保険の悩み、お金・金融の悩み、子育て・教育の悩みなど。
主婦必見!税金対策初めての方お問い合わせサイトマップ
悩みメニュー

悩みの掲示板 悩みの掲示板
掲示板の利用規約
恋愛の悩み
仕事の悩み
健康の悩み
対人関係の悩み
自分への悩み
その他の悩み

主婦必見!税金対策 健康
肩こり
便秘
腰痛
冷え性
疲れ目
花粉症
ストレス
煙草と禁煙
飲酒と健康

主婦必見!税金対策 美容
毛穴
シミ
ニキビ
肌荒れ
皮下脂肪
ビタミン
手荒れ
入浴
足のカサカサ

主婦必見!税金対策 ダイエット
ダイエットとは?
運動について
脳で痩せられる?
太る脳を診断
体脂肪を減らす
働き盛りの??

主婦必見!税金対策 就職
就職活動ABC
雇用保険の概要
労働トラブルQ&A
ミニ知識
職訓給付の申請
労災・保険類Q&A

主婦必見!税金対策 自動車保険
自動車保険ガイド
契約のポイント
自動車保険の種類
保険を安くしよう
事故を起こした時
車両保険を半額
見積りでチェック

主婦必見!税金対策 生命保険
生命保険てなに?
見分け方・選び方
保険会社のリスト
生命保険の種類
保険会社が破綻時
生命保険のQ&A

主婦必見!税金対策 お金・金融
ネット銀行比較
オンライン証券
家計を節約する
ドル預金MMF比較
主婦の税金対策
金融商品の特徴

主婦必見!税金対策 子育て・教育
教育資金(T)
教育資金(U)
教育資金(V)
子供の躾.ストレス
優秀な子供の教育
家庭のない家族
主婦必見!税金対策

Q.専業主婦がパートで働く場合、年収をいくらに抑えるとゆうりなのでしょうか?

A. 所得税が非課税になることや夫の所得控除を考えると、収入は103万円以下に抑えるのが得になります。
  

   収入が130万円以上の場合は、税金のほかに社会保険料がかかります。

   厚生年金に加入すると、妻の年金額が増えるメリットもあるので、手取額だけでなく総合的に判断します。

 所得控除を最大限利用するなら、103万円以下に抑えるのが得
配偶者(妻)にパート収入がある場合、その収入によって納税者(夫)の収入額から控除されていた配偶者控除や配偶者特別控除の額が異なり、所得税や住民税が変わってきます。
パート収入が、103万円以下なら本人の所得税が非課税になり、かつ夫の所得税において、配偶者控除(38万円)が受けることができ、141万円未満(夫課税所得1000万円以下)なら配偶者特別控除(最高38万円)が受けられます。したがって、配偶者控除や配偶者特別控除などの所得控除を最大限利用するなら、パ−ト収入は年収103万円以下に抑えたほうが得ということになります。住民税は100万円以下が非課税になります。
 130万円以上になると社会保険料がかかってくる
夫がサラリーマンの場合、妻の給与収入が130万円以上になると、扶養配偶者ではなくなるため、妻自身が健康保険や厚生年金などの社会保険料を払わなければならなくなります。勤務先が社会保険に加入していない場合は、妻は自分で国民健康保険や国民年金に加入しなければなりません。
社会保険料は、通常月収の13%前後がかかりますので、収入が増えても実質の手取額は減ってしまうことが考えられます。ただし、厚生年金保険料を納めると、60歳以降にもらえる老齢厚生年金額が増えることにもなります。
 実質手取額だけでなく、将来の設計も考慮して選択
また夫がサラリーマンで、配偶者に扶養(家族)手当が出ている場合は、勤務先の支給基準などを確認する必要があります。
実質の手取額だけを見ると、妻のパ−ト収入は103万円以下または130万円未満に抑えたほうが得ですが、妻の年金額の増加やその仕事をいつまで続けるつもりなのかなど、将来の生活設計を十分考慮したうえで働くことが肝心です。

配偶者のパート収入と税金・社会保険
100万円以下 100万円超〜103万円未満 103万円 103万円超〜130万円未満 130万円以上〜141万円未満 141万円以上
 夫 配偶者控除(所得・住民税)     ○      ○      ○     ×     ×      ×
配偶者特別控除(所得・住民税)     ○      ○      ×     ○     ○      ×
配偶者 税金(所得税)
税金(住民税)
  非課税
  非課税
  非課税
   課税
  非課税
   課税
  課税
  課税
  課税
  課税
   課税
   課税
(国民)健康保険料(自己負担割合)   負担なし
   3割
  負担なし
   3割
  負担なし
   3割
  負担なし
   3割
  負担あり
  2割・3割
  負担あり
  2割・3割
年金(国民・厚生年金)   第3号
  負担なし
  第3号
  負担なし
  第3号
  負担なし
  第3号
  負担なし
 第1号・第2号
  負担あり
 第1号・第2号
  負担あり

*配偶者特別控除は夫の合計所得が1000万円以下の場合受けられる。


トップ - 初めての方 - お問い合わせ - サイトマップ - ページTOP▲
Copyright (C) 2005 悩みサイトTOMO-CLUB All Rights Reserved.