悩みや不安を解決!解消する人、解消しない人の差がここにある!悩みのポータルサイト
 悩みサイト TOMO-CLUB 健康の悩み、美容の悩み、ダイエットの悩み、就職の悩み、自動車保険の悩み、生命保険の悩み、お金・金融の悩み、子育て・教育の悩みなど。
身体面と精神面のストレス初めての方お問い合わせサイトマップ
悩みメニュー

悩みの掲示板 悩みの掲示板
掲示板の利用規約
恋愛の悩み
仕事の悩み
健康の悩み
対人関係の悩み
自分への悩み
その他の悩み

身体面と精神面のストレス 健康
肩こり
便秘
腰痛
冷え性
疲れ目
花粉症
ストレス
煙草と禁煙
飲酒と健康

身体面と精神面のストレス 美容
毛穴
シミ
ニキビ
肌荒れ
皮下脂肪
ビタミン
手荒れ
入浴
足のカサカサ

身体面と精神面のストレス ダイエット
ダイエットとは?
運動について
脳で痩せられる?
太る脳を診断
体脂肪を減らす
働き盛りの??

身体面と精神面のストレス 就職
就職活動ABC
雇用保険の概要
労働トラブルQ&A
ミニ知識
職訓給付の申請
労災・保険類Q&A

身体面と精神面のストレス 自動車保険
自動車保険ガイド
契約のポイント
自動車保険の種類
保険を安くしよう
事故を起こした時
車両保険を半額
見積りでチェック

身体面と精神面のストレス 生命保険
生命保険てなに?
見分け方・選び方
保険会社のリスト
生命保険の種類
保険会社が破綻時
生命保険のQ&A

身体面と精神面のストレス お金・金融
ネット銀行比較
オンライン証券
家計を節約する
ドル預金MMF比較
主婦の税金対策
金融商品の特徴

身体面と精神面のストレス 子育て・教育
教育資金(T)
教育資金(U)
教育資金(V)
子供の躾.ストレス
優秀な子供の教育
家庭のない家族

お役立ちリンク
この1ケ月問(1月〜2月頃)に感じたことを下図(図1)のように身体面と精神面に分けてみると、身体面での症状を訴える人の方が多い。
具体的にみると、身体面では「肩や首すじがこる」(45.3%)「背中や腰が痛む」(35.1%)「疲れやすい」(31.4%)「前日の疲れが朝まで残っている」(20.l%)、精神面では「イライラする」(20.1%)などが20%以上のスコアで上位にあげられている。

性・年齢別にみると、男性に比べ女性の方が身体・精神両面で様々な症状を抱えている。
また、男女とも年齢が低くなるほど、精神的なストレスや悩みを強く感じており、特に女性20代でその傾向が顕著である。

職業別にみると、仕事と家庭の両方を抱かえる有職主婦で、「肩や首すじがこる」「疲れやすい」「気持ちにゆとりがない」「頭が痛いケ病んだりする」など、身体・精神両面で気になる点をあげる割合が高い。また学生は、「何もする気がしない」「たいくつしている」「物事に集中できない」といった精神面での悩みをあげる割合が高い。

2 ストレスの有無

この1ケ月間にストレス(不満・悩み・苦労等)を感じたことがあったかどうかについては、「多少ある」とする人が42.7%、「大いにある」とする人が11.9%と、半数以上(54.6%)の人がストレスを感じている。

性・年齢男別にみると、男性30代、女性20代〜40代で日頃ストレスを感じる割合が高く、中でも女性20代で「大いにある」とする割合が約2割みられる。

逆に、ストレスをあまり感じていないのは男女とも60代・70代以上の高年層である。

職業別にみると、ストレスを感じる割合(「大いにある」+「多少ある」)が高いのは管理・経営、事務・専門職といったホワイトカラー層、さらに有職主婦である。逆にストレスを感じていない(「あまりない」+「まったくない」)のは農林漁業、その他無職である。

3 具体的なストレスの内容



この1ケ月間にストレスを感じることがあった2,446人に、その具体的な内容を間いたところ、最も多くあげられたのは「仕事上のこと」(44.6%)である。さらに第1位とはやや差があるが、「人との関係」をあげる人も26.2%みられる。(図2)

性・年齢別にみると、男性は20代〜50代で「仕事上のこと」をストレスの原因としてあげる割合が特に高い。

一方女性は、20代・30代で「育児・出産」30代・40代で「子供の教育」「家事」、50代・60代で「家族の健康・病気」をあげる割合がそれぞれ高く、年齢層によって内容は異なるが、女性は家族や家庭のことが大きなストレスとなっている。

また男性60代・70代以上、女性50代〜70代以上では「自分の健康・病気」を多くあげ、そのうち男女とも70代以上では「みじかな人の死」をあげる割合が他の年齢層に比べて高い。一方、男女とも若い20代では「生きがい・将来のこと」をあげる割合が高い。

職業別にみると、管理・経営、事務・専門職、労務・サービス系といった会社勤めの人で「仕事上のこと」をストレスとして感じている割合が高い。主婦はやはり「家事」をはじめとした家庭のことを多くあげている。学生は「生きがい・将来のこと」「自分の学業・受験・進学」をあげる割合が高い一方で、「することがない」ことがストレスであるとする割合が高いのも目立つ。

-次ページへ- [2/1]
トップ - 初めての方 - お問い合わせ - サイトマップ - ページTOP▲
Copyright (C) 2005 悩みサイトTOMO-CLUB All Rights Reserved.