悩みや不安を解決!解消する人、解消しない人の差がここにある!悩みのポータルサイト
 悩みサイト TOMO-CLUB 健康の悩み、美容の悩み、ダイエットの悩み、就職の悩み、自動車保険の悩み、生命保険の悩み、お金・金融の悩み、子育て・教育の悩みなど。
ダイエット-痩せる脳初めての方お問い合わせサイトマップ
悩みメニュー

悩みの掲示板 悩みの掲示板
掲示板の利用規約
恋愛の悩み
仕事の悩み
健康の悩み
対人関係の悩み
自分への悩み
その他の悩み

ダイエット-痩せる脳 健康
肩こり
便秘
腰痛
冷え性
疲れ目
花粉症
ストレス
煙草と禁煙
飲酒と健康

ダイエット-痩せる脳 美容
毛穴
シミ
ニキビ
肌荒れ
皮下脂肪
ビタミン
手荒れ
入浴
足のカサカサ

ダイエット-痩せる脳 ダイエット
ダイエットとは?
運動について
脳で痩せられる?
太る脳を診断
体脂肪を減らす
働き盛りの??

ダイエット-痩せる脳 就職
就職活動ABC
雇用保険の概要
労働トラブルQ&A
ミニ知識
職訓給付の申請
労災・保険類Q&A

ダイエット-痩せる脳 自動車保険
自動車保険ガイド
契約のポイント
自動車保険の種類
保険を安くしよう
事故を起こした時
車両保険を半額
見積りでチェック

ダイエット-痩せる脳 生命保険
生命保険てなに?
見分け方・選び方
保険会社のリスト
生命保険の種類
保険会社が破綻時
生命保険のQ&A

ダイエット-痩せる脳 お金・金融
ネット銀行比較
オンライン証券
家計を節約する
ドル預金MMF比較
主婦の税金対策
金融商品の特徴

ダイエット-痩せる脳 子育て・教育
教育資金(T)
教育資金(U)
教育資金(V)
子供の躾.ストレス
優秀な子供の教育
家庭のない家族

ダイエット-痩せる脳 お役立ちリンク
食べても太らない人と太ってしまう人の違いは脳に原因が!

痩せる脳

食欲をきちんとコントロールできるからたべすぎない。    
                                         
脳の中にある、゛食べるのをやめなさい゛という指令を出す満腹中枢と、゛食べなさい゛という指令を出す空腹中枢が正常に作用。よけいな脂肪がついてしまうほどまで食べてしまったり、お腹が減っていないのに食べてしまうということがありません。

自律神経の切り替えがスムーズで脂肪の燃焼率が高い。

体を活性化させて代謝を高める交感神経の働きが活発なので、脂肪が燃えやすく体内に蓄積されるのを防いでくれます。また、夜は副交感神経がきちんと働いて脳も体もリラックスしているので、ストレスや脳内の疲労を上手に解消できます。

ホルモンバランスが整っているので太りにくい。

ストレスをなくして幸せな気持ちにしてくれるホルモンや、食欲をコントロールして満腹を脳に知らせるホルモンの分泌量が正常なので、ドカ食いをしたり、ダラダラ食べ続けるなどの異常な食欲に悩まされることがありません。
                                          

太る脳 

食欲をコントロールする脳の機能が低下して食べすぎてしまう。

゛お腹が減った゛、゛お腹いっぱい゛という食欲は、胃ではなく脳でコントロールされています。太る脳の人は、脳の視床下部にある満腹中枢と空腹中枢の働きが鈍っているため、適量で満足できず、食べすぎや間食をしてしまうことになるのです。

体の機能を調節する自律神経の働きが鈍り、脂肪が燃えにくい。

自律神経には体を活性化させる交感神経とリラックスさせる副交感神経があり、代謝量=体が消費するエネルギー量がそれによって左右されます。脳が疲労すると、自律神経がアンバランスな状態になり、代謝量が低下して脂肪がつきやすい体に。

ホルモンバランスが乱れて食欲や自律神経の働きが低下。

ホルモンは、食欲中枢や自律神経の働きを操作する重要な役割をもっています。しかし、太る脳の人はホルモンに脳と体が反応できなかったり、ホルモンそのものの分泌量やバランスを狂わせてしまうためダイエットが成功しないのです。


カギを握っているのが6つのホルモン
アセチルコリン 脳には「古脳」「旧脳」「大脳」の3つの部分がありますが、生命維持活動を支配する古脳深く関係しているのがアセチルコリンです。おもに、副交感神経を活性化する働きがあり、食べたものを吸収したり、脂肪の蓄積を促してしまうのです。感情をつかさどる大脳の働きが活発なとき、このホルモンの分泌量は最小限に抑えられます。
レプチン 体内の脂肪量が増えると、脂肪細胞から分泌されたレプチンが満腹中枢に届けられ゛食べるのをやめなさい゛という命令が出されます。また、交感神経の働きが活発になり脂肪の燃焼率もアップ。痩せるには不可欠のホルモンです。ただし、レプチンからサインが脳に伝わるまでには20〜30分かかるので、ゆっくり食べることが大切です。
ヒスタミン 花粉症などのアレルギーを起こすことで知られるホルモンですが、消化器では重要な役割が。消化液や唾液、胃酸などの分泌をコントロールして満腹中枢を刺激し、゛お腹がいっぱいになった゛という満腹感を生み出す働きがあります。よく噛んで食べることにより、ヒスタミンの分泌がさかんになり、満腹を感じやすくなります。
アドレナリン 緊張したり、興奮したときに分泌されるホルモン。交感神経の働きを活発にして全身の機能を活性化させます。脂肪の燃焼率が高まると同時に、脂肪細胞へのエネルギーの吸収が抑えられるので、レプチンと並びダイエットにはなくてはならない存在です。アドレナリンをきちんと分泌させるには、規則正しい生活を送ることが不可欠です。
インスリン すい臓から分泌されるインスリンには、食事をしたときに上昇する血糖値を下げ、エネルギーを脂肪細胞へ取り込む働きがあります。食べるスピードが早かったり、食べる量が多いと血糖値が急激に上昇してインスリンも大量に分泌され、脂肪への吸収がさかんになります。
適量をゆっくり食べることでインスリンの分泌は抑えられます。
セロトニン なにかに熱中していたり、リラックスしているときなど、精神が安定しているときに分泌される、別名「幸せホルモン」。このセロトニンが分泌されていれば、満腹中枢が敏感になり、適量の食事で満腹に。だから食べ過ぎることはありません。しかし、ストレスなどでセロトニンが少なくなると、やけ食いなど過食の原因に。


痩せる脳のヒント

上で紹介するホルモンがダイエットに関係していますが、その他にも体型を大きく左右するホルモンがあります。
それは生理周期によって分泌される女性ホルモン。この働きはとても強力なので、生理日が近くなるとどうしても体重は増えてしまいます。
でも、それは体の機能が正常に働いている証拠。くよくよ気にしないで、生理が終わるのを待ちましょう。気にしすぎると脳に大きなストレスを与え、ますます太ってしまう結果に。
毎日体重計に乗るなど゛気にしすぎる゛ストレスはダイエットの大敵なのです。おおらかな気持ちが成功の秘訣です。

トップ - 初めての方 - お問い合わせ - サイトマップ - ページTOP▲
Copyright (C) 2005 悩みサイトTOMO-CLUB All Rights Reserved.