悩みや不安を解決!解消する人、解消しない人の差がここにある!悩みのポータルサイト
 悩みサイト TOMO-CLUB 健康の悩み、美容の悩み、ダイエットの悩み、就職の悩み、自動車保険の悩み、生命保険の悩み、お金・金融の悩み、子育て・教育の悩みなど。
便秘の解消ポイント初めての方お問い合わせサイトマップ
悩みメニュー

悩みの掲示板 悩みの掲示板
掲示板の利用規約
恋愛の悩み
仕事の悩み
健康の悩み
対人関係の悩み
自分への悩み
その他の悩み

便秘の解消ポイント 健康
肩こり
便秘
腰痛
冷え性
疲れ目
花粉症
ストレス
煙草と禁煙
飲酒と健康

便秘の解消ポイント 美容
毛穴
シミ
ニキビ
肌荒れ
皮下脂肪
ビタミン
手荒れ
入浴
足のカサカサ

便秘の解消ポイント ダイエット
ダイエットとは?
運動について
脳で痩せられる?
太る脳を診断
体脂肪を減らす
働き盛りの??

便秘の解消ポイント 就職
就職活動ABC
雇用保険の概要
労働トラブルQ&A
ミニ知識
職訓給付の申請
労災・保険類Q&A

便秘の解消ポイント 自動車保険
自動車保険ガイド
契約のポイント
自動車保険の種類
保険を安くしよう
事故を起こした時
車両保険を半額
見積りでチェック

便秘の解消ポイント 生命保険
生命保険てなに?
見分け方・選び方
保険会社のリスト
生命保険の種類
保険会社が破綻時
生命保険のQ&A

便秘の解消ポイント お金・金融
ネット銀行比較
オンライン証券
家計を節約する
ドル預金MMF比較
主婦の税金対策
金融商品の特徴

便秘の解消ポイント 子育て・教育
教育資金(T)
教育資金(U)
教育資金(V)
子供の躾.ストレス
優秀な子供の教育
家庭のない家族
便秘の解消ポイント
Q起き抜けに水を飲むといいというのはホント?

Aホントです。牛乳ならさらに効果があります。

胃や大腸は、胃がからっぽのときにもっとも反射が起こりやすいのです。空腹のときに冷たい水を一気に胃に入れると胃が動き始め、腸のぜん動運動が活発になります。
また水分補給することで便がやわらかくなる効果もあります。起きたばかりの半分眠った状態のときに飲むことが大切。寝ぼけた胃腸が目覚めて、しっかりと働き始めます。水のかわりに牛乳を飲むと下剤効果もあるので、さらによさそう。

ただし、便秘と下痢を繰り返すような人、お腹をこわしやすい人は、冷たい飲み物は避け、白湯かホットミルクにするといいでしょう。


Q毎朝トイレに入る習慣を、というけれど、時間が取れません。

A長く入らなくてもいい。3分だけ時間をとって

便秘解消のためには、朝食をとり、そのあとゆっくり時間をとってトイレへ、とよく言われます。でも、朝は忙しくてそれほどゆっくりする暇はありませんよね。水か牛乳を飲んで、パンをかじってあわててでかける、という人が多いのでは。
しかし、そうすると、電車の中などでトイレにいきたくなりませんか? そんな毎日を繰り返し、がまんを重ねていると、だんだん便意を感じない体になってしまいます。とりあえずトイレに行く習慣だけはつけましょう。

長く入る必要はありません。3分ぐらいでいいのです。それに、無理にいきむこともありません。無理にいきむと、おしりの静脈の流れをとめてしまうので、痔になる可能性があります。
たとえいきまなくても、排便時の姿勢がおしりの静脈に負担をかけます。3分以内でもし排便できなかったら、そのまま引き上げていいのです。それでも、毎日トイレに行っているうちに、いい方向に向かう人が多いようです。


Qどうしても便秘薬に頼ってしまいます。よくないですか?

A作用の弱い薬から始め、よくなったらだんだん減らす

薬はいわば、自然の流れに逆らってむりやり排便させようというものです。一気に大量に飲むのは厳禁です。
便秘解消のための薬には、整腸剤と下剤があります。下剤は刺激の弱い緩下剤を使いましょう。市販薬を飲むなら、説明書に書かれている適応量より少なめに。効き目がないときは、適応量を飲むか、作用のもう少し強い薬を飲むことになりますが、ここで注意。

1、2日で「効かない」と判断せず、薬が弱いと感じても、1、2週間は続けてみます。もちろん、運動や食事にも気を配りましょう。
また、効いているとしても、減らしていくことも考えに入れて。常用すると癖になり、薬なしではお通じがつかなくなります。運動、食事、水分補給に気を配りながら、薬を1割減らすところから始めましょう。それで2週間続けて大丈夫ならさらに1割減らす、と繰り返して、最後には薬に頼らない生活ができるといいですね。
毎日の生活の改善が便秘解消の秘訣!
便秘をすっきり解消するためには?

生活にリズムを・・・排便には生活のリズムが密接に関わっています。朝食をはじめ3度の食事をしっかりとること、朝は便意を感じたらトイレに行けるよう、時間に余裕をもっておくことなど、リズムのある生活が便秘改善のカギ。

腹筋力をつける・・・食事をしっかりとって健康的な便を作ると同時に、それを排泄するだけの力=腹筋力をつけることが大切です。
NG! 便秘が続いてあまりに苦しいとき、便秘薬を使うこともけっして悪いことではありません。ですが自然な排便をするためのケアをせず、安易に薬だけに頼ることは、あなたの腸を傷つけるだけ。薬はあくまでも最終手段に。
快便生活4大ポイント

朝一杯の冷水!・・・便意は胃に物が入る刺激が脳に伝わることでも起こります。朝食前に冷水を飲むと、脳への強い刺激になる。

とりあえずトイレに!・・・便意がなくても朝食後はトイレに行く習慣を。排便する、という意識を持つことで排便リズムが整い、排便が起こる。

よく歩く!・・・歩くことは大腰筋という筋肉を使う運動ですが、それが腸の動きを促す適度な刺激に。歩くことが快便への道。

腸にいい食事!・・・「品目を多く食べる」食物繊維をはじめ糖や有機酸、油分などが、腸の動きをよくする成分。これらは品目を多く食べることで自然にとることができます。
「十分な量を食べる」便を作るためには、十分な量の食事が必要です。とくに朝食は便意を起こさせるためにも、きちんと食べましょう。
「寝る前には食べない」睡眠中は胃腸の消化力が低下します。ですから、寝る前に食べると朝まで胃に残り、朝の食欲を低下させてしまいます。夜食は避けましょう。
トップ - 初めての方 - お問い合わせ - サイトマップ - ページTOP▲
Copyright (C) 2005 悩みサイトTOMO-CLUB All Rights Reserved.