悩みや不安を解決!解消する人、解消しない人の差がここにある!悩みのポータルサイト
 悩みサイト TOMO-CLUB 健康の悩み、美容の悩み、ダイエットの悩み、就職の悩み、自動車保険の悩み、生命保険の悩み、お金・金融の悩み、子育て・教育の悩みなど。
ドル預金とMMF比較初めての方お問い合わせサイトマップ
悩みメニュー

悩みの掲示板 悩みの掲示板
掲示板の利用規約
恋愛の悩み
仕事の悩み
健康の悩み
対人関係の悩み
自分への悩み
その他の悩み

ドル預金とMMF比較 健康
肩こり
便秘
腰痛
冷え性
疲れ目
花粉症
ストレス
煙草と禁煙
飲酒と健康

ドル預金とMMF比較 美容
毛穴
シミ
ニキビ
肌荒れ
皮下脂肪
ビタミン
手荒れ
入浴
足のカサカサ

ドル預金とMMF比較 ダイエット
ダイエットとは?
運動について
脳で痩せられる?
太る脳を診断
体脂肪を減らす
働き盛りの??

ドル預金とMMF比較 就職
就職活動ABC
雇用保険の概要
労働トラブルQ&A
ミニ知識
職訓給付の申請
労災・保険類Q&A

ドル預金とMMF比較 自動車保険
自動車保険ガイド
契約のポイント
自動車保険の種類
保険を安くしよう
事故を起こした時
車両保険を半額
見積りでチェック

ドル預金とMMF比較 生命保険
生命保険てなに?
見分け方・選び方
保険会社のリスト
生命保険の種類
保険会社が破綻時
生命保険のQ&A

ドル預金とMMF比較 お金・金融
ネット銀行比較
オンライン証券
家計を節約する
ドル預金MMF比較
主婦の税金対策
金融商品の特徴

ドル預金とMMF比較 子育て・教育
教育資金(T)
教育資金(U)
教育資金(V)
子供の躾.ストレス
優秀な子供の教育
家庭のない家族

ドル預金とMMF比較 お役立ちリンク
ドル預金とMMF比較
最もポピュラーな米ドル建ての商品と言えば、米ドルMMFと米ドル預金。でも、いったいどちらが有利なのでしょうか?
 結論から言えば、総合的に優れているのは米ドルMMFでしょう。少額から始められるうえ、出し入れ自由で為替差益のチャンスを逃がさないからです。その点、米ドル預金はややハードルが高めで、原則として満期まで中途解約できないのが不自由です。

 リスクについては、為替が円高に振れると為替差損が発生するのはどちらも同じ。米ドル預金は外貨ベースでの元利の支払いが約束されていますが、原則として預金保険の対象外です。米ドルMMFもきわめて安全な運用が行われているとはいえ、投資信託なので元本保証はありません。
 ただし、預けたお金を外貨のまま受け取る場合は、米ドル外貨預金のほうが便利でしょう。
海外旅行に頻繁に出かける人なら、これは見逃せないポイントかも?

infoseek 為替情報
→
  米ドル預金 米ドルMMF
<こんな人におススメ>
●金融機関ならやっぱり銀行が好き
●確定した金利が欲しい
●海外旅行などで外貨を使う予定がある
<こんな人におススメ>
●為替差益をタイミングよく狙いたい
●米国の高金利のメリットを受けてみたい
●手数料にはこだわりたい
扱っているのは? 国内銀行、外資系銀行 証券会社、一部の銀行
いくらから? 10万円相当額が一般的 10ドルか1セント単位が一般的
為替手数料は? 片道1円・往復2円が一般的 片道50銭・往復1円が一般的
預入期間は? 1・3・6カ月、1年など。
定期預金とは別に、普通預金などもある
無期限のものがほとんど
引き出しは
(流動性は)?
原則として中途解約不可。中途解約できても適用金利が下がるなどペナルティーがある(取扱機関によって異なる) いつでも換金自由
金利を
狙うなら?
満期まで所定の金利が適用される確定利回り商品で、もちろん国内の定期預金と比べればはるかに高金利。もっとも、米ドルMMFの実績よりはやや低めの水準になっている。
銀行によって適用金利にかなりの差がある点にも注意!
運用成果に応じた実績分配 方式で、あらかじめ利回りは確定していない。もっとも、これまでの実績はほぼ米ドル預金より上。毎日実績が分配され、その分配金は毎月末に税引き後に再投資、複利運用される。
為替差益を
狙うなら?
原則として、解約は満期時のみ可能。そのときに為替が円高に振れていたとすると、自動継続するか、外貨普通預金に移して、円安に流れが変わるのを待つしかない。1年ものよりも1カ月 ものや3カ月ものなどを自動継続したほうが解約のチャンスも増えるが、満期ごとに適用金利が見直されることになる。米ドルMMFよりも為替手数料が割高なのも難点。 いつでも出し入れ自由(取扱窓口の休業日や米国の休日を除く)だから、為替相場が預入時よりも円安に動いたときに速やかに解約し、タイミングよく為替差益をゲットすることがで きる。加えて、為替手数料が米ドル預金よりも割安な点も為替差益狙いには有利に働く。利回りも高めなので、その分だけ円高に振れた場合の為替差損にも耐えられる。
旅行で使うつもりなら?
(米ドルで受け取る方法など)
〈現金で受け取る場合〉
店頭で外貨のまま引き出すことは可能だが、1ドルにつき4円など、高めの手数料を徴収される点には気をつけるべき。逆に旅行で使い残した外貨を預けることも可能だが、こちらの手数料も高めの設定。
〈T/Cで受け取る場合〉
T/C(トラベラーズチェック)として引き出すことも可能。所定の条件を満たすと発行手数料を優遇する銀行もあるので要チェック。
〈現金で受け取る場合〉
店頭での外貨キャッシュの受け取りは不可。銀行に外貨預金口座を作っていれば、そこへ送金してもらえる。その振込手数料は、利用者本人が負担するルールになっている証券会社も多い。
〈T/Cで受け取る場合〉
直接T/C(トラベラーズチェック)として引き出すことは不可能。キャッシュで受け取る場合と同じく、いったん外貨預金口座に送金し、その銀行でT/Cを発行してもらうしかない。
元本保証は
(預金保険の対象は)?
外貨ベースでの元本と利息の支払いは約束されているが、預金保険の対象外。ただし、2002年3月までは特例措置によって全額保護だった(外国銀行はそもそも対象外の機関なので保護されない)。2002年4月以降、外貨預金口座を作った銀行にもしものことがあった場合、どれだけ戻ってくるかはケース・バイ・ケースに。不安なら今のうちからシビアに銀行を選ぶべき。 投資信託なので元本保証はない。もっとも、きわめて安全性の高い債券などを中心に運用 しており、著名な格付け機関から最高格付けを得ているケースもある。信託財産(顧客から集めた投資資金)は分別保管が大原則なので、証券会社にもしものことがあっても大丈夫。証券会社を通じて買った場合なら、投資者保護基金の対象にもなる。
トップ - 初めての方 - お問い合わせ - サイトマップ - ページTOP▲
Copyright (C) 2005 悩みサイトTOMO-CLUB All Rights Reserved.