悩みや不安を解決!解消する人、解消しない人の差がここにある!悩みのポータルサイト
 悩みサイト TOMO-CLUB 健康の悩み、美容の悩み、ダイエットの悩み、就職の悩み、自動車保険の悩み、生命保険の悩み、お金・金融の悩み、子育て・教育の悩みなど。
優秀な子供を育てる教育初めての方お問い合わせサイトマップ
悩みメニュー

悩みの掲示板 悩みの掲示板
掲示板の利用規約
恋愛の悩み
仕事の悩み
健康の悩み
対人関係の悩み
自分への悩み
その他の悩み

優秀な子供を育てる教育 健康
肩こり
便秘
腰痛
冷え性
疲れ目
花粉症
ストレス
煙草と禁煙
飲酒と健康

優秀な子供を育てる教育 美容
毛穴
シミ
ニキビ
肌荒れ
皮下脂肪
ビタミン
手荒れ
入浴
足のカサカサ

優秀な子供を育てる教育 ダイエット
ダイエットとは?
運動について
脳で痩せられる?
太る脳を診断
体脂肪を減らす
働き盛りの??

優秀な子供を育てる教育 就職
就職活動ABC
雇用保険の概要
労働トラブルQ&A
ミニ知識
職訓給付の申請
労災・保険類Q&A

優秀な子供を育てる教育 自動車保険
自動車保険ガイド
契約のポイント
自動車保険の種類
保険を安くしよう
事故を起こした時
車両保険を半額
見積りでチェック

優秀な子供を育てる教育 生命保険
生命保険てなに?
見分け方・選び方
保険会社のリスト
生命保険の種類
保険会社が破綻時
生命保険のQ&A

優秀な子供を育てる教育 お金・金融
ネット銀行比較
オンライン証券
家計を節約する
ドル預金MMF比較
主婦の税金対策
金融商品の特徴

優秀な子供を育てる教育 子育て・教育
教育資金(T)
教育資金(U)
教育資金(V)
子供の躾.ストレス
優秀な子供の教育
家庭のない家族

優秀な子供を育てる教育 お役立ちリンク
優秀な子供を育てる教育

 0歳児の育児の心得(家庭教育の原点)

 0歳児の教育の心得の基本は、生まれたばかりの赤ちゃんがたとえ何の反応をしなくても、尊い優れた一人前の人格者として扱うのです。そして顔を見せながら接して毎日絶えず笑顔で話し掛けるのです。
 特に赤ちゃん時代の教育で重要なことは、どんなに科学的に栄養その他が完璧であっても、赤ちゃんを取り巻く環境の中に愛される親の和顔、愛語、賛嘆がないと、赤ちゃんは健康に、頭の善い子に育たないのです。たえず褒めてやる、認めてやる、そしてニコニコと笑顔で接する。これが才能開発の鍵です。
 マズローという心理学者は、母親の慈しむ愛情が保障されたときに子供は初めて安心して成長し、知的な要求が湧いてくるということを指摘しています。
 つまり、ベビーシッターとか、託児所、保育所などの他人任せでは期待した子供は育たないでしょう。

 幼児の育成の心得

 教育で一番大切なことは、観であり、信であり、認めであり、讃嘆であり、賞讃であります。あなたは、お子さんを日々どう見ていらっしゃいますか。子供さんの良い点を認めて讃める方ですか。それとも、悪いところを探し出して怒る方ですか。これが教育の重要な決め手になります。
 子供さんは、親のあなたに「私の応援をして頂戴」「私を褒めて認めて頂戴」「私を理解して頂戴」「私を何時も受け入れて頂戴」「私を重要視して頂戴」「私をもっと大事にして頂戴」と魂の奥底から訴えています。
 この願いを無条件に叶えてあげると、どんな子供でも心の満足を得て、魂が太り豊かに伸びて優秀児になるのです。しかし、母親などが子供を甘やかして我がままに育てるような感情主義は誤った方法です。
 人の生命は神や仏の生命ですから、賞讃された時、尊敬された時、認められた時、讃嘆された時に、豊かに伸び花咲いてゆきます。何時でも何処でも子供の応援団になりましょう

 子供を癒す育成

 ダメな子ほど褒めましょう。悪い子ほど、その本質の実相の完全円満なることをを観つめて良さを認め褒め讃えましょう。何故なら、その子は褒められなかった結果、愛されなかった結果、理解して貰えなかった結果、ダメになり悪くなっているのですから。
 どうも出来の悪い子供は、親(養育者)のマイナスの言葉の力で、自分の能力を出せなくなったのです。悪い暗示が子供を縛っています。そこで、「あなたは出来る子ですよ」とか、「能力は使えば使うほど伸びるんですよ」と生命力を溌剌とさせて、夢と希望でやる気を起こすコトバで能力を開きましょう
 躾はし続けることです。押しつけると歪んでしまいます。溺愛から慈愛の心構えで接しましょう。子供は親の生活を見て真似て育ちます。調和した家庭から伸びる子は育ちます。盗みやお金を無駄使いする子は愛情不足です。認めてやらないと性格が歪みます。自分勝手な親から手に負えない子が育ちます。自閉症の子には安定した愛情と讃嘆が大切です。

 子供の才能を伸ばす

 子供にとっては面白いこと、興味のあるものが善であり、詰まらないこと、面白くないものが悪であります。そこには好奇心を抱き熱中する疑問や知識欲があり、空想や創作と感動を通して学ぶのです。人には得意な事や容易に熟せるものが一つや二つは必ずあるはずです。それらの中にその子供の個性的な脳力を発揮できるヒントやものが隠されています。
 注意力の集中現象を教育の原理として教育学を打ち立てたのがモンテッソーリです。才能を伸ばしていく力は実にこの興味にあります。
 「いいですよ」「素晴らしいね」という激励や肯定のコトバで子供は奮い立ち、エネルギーは満ち溢れ、豊かな生命力が開放されます。個性や才能は(1)褒めるとき増える(2)感謝するとき増える(3)喜ぶとき増えるのです。
 人を心から愛するような暖かい心を底流に秘めて、その上に個性的な才能が伸びたのが最高であります。


 問題の子供はいない

 イギリスの有名な児童心理学者A・S・ニイルの思想によると、「問題の子供はいない、ただ問題の親があるだけだ」とも極言しています。子供の人生の最初の先生は親だからです。子供の悪い素行は実は親の心の姿が映っているのです。子供は親の心の影だと云われる所以です。
 つまり親が変われば子供が変わるのです。この心構えが家庭教育の基本的な鉄則です。
 子供から尊敬され愛される親になりましょう。自分が素晴らしい親である自信があって、始めて子供に権威ある親になれるのです。親が子供の模範になりましょう。

 問題の解決には

 過去に於いてどんなに躾に失敗したからとて心配はいりません。胎教や乳幼児の育成が間違っていたとしても構いません。子供に如何なる問題が起こって来ても常に明るい心を持ってそれに立ち向かう気持ちが必要です。子供に色々と困った問題が起った場合は、その問題の根本的な原因を見つけて解決すれば皆一度に消えて行きます。形や姿に現れているのは全て心の影です。だから影を映している原因と心の問題を解決すれば悪い影は映らなくなり、皆は善い子にと変貌して行くでしょう。

 問題は優秀の仮の姿です

 失敗は成功の母と云われるように、人生で問題のある人は居ないのであり、優秀なる人の仮の姿であるのです。それは表面的な人間であり、問題児と見える現象の中に大きな光を呼び寄せるヒントの基が隠されていると観ましょう。一例として今までろくに役に立たず何ら為すところを知らなかった平凡人であったのに、何等かの切っ掛けで認められたことで一層の意欲が湧き、内に潜んでいた「無限なる脳力」が引き出されて、ますます発揮されてなくてならなぬ人材となったという話しもあります。
 子供は親の見る通りに現れます。それは観ることは創ることであるからです。子供の実相を観つめて神の子や仏の子の良さを認め褒め讃えることです。「こうしてくれたら」とか「ああなったら」と言うような条件や心の縛りが付きますと、子供の敏感な心はそれをキャッチして嫌悪感を持って反発するのです。

 問題の先生もいない

 一方、「問題の子供」ばかりでなく「問題の先生」も、同様に優秀なる先生の仮の姿であるのです。
 子供の父兄や母親が先生を「認める」程度に従って自己の再認識を得ると共に「ラベリング効果」で学習指導への意欲が現れてくるに従い、本来の良き指導者として「埋蔵されたる才能」が引き出されて、ますます発揮されることになるのです。観の転換が必要でしょう。


トップ - 初めての方 - お問い合わせ - サイトマップ - ページTOP▲
Copyright (C) 2005 悩みサイトTOMO-CLUB All Rights Reserved.