悩みや不安を解決!解消する人、解消しない人の差がここにある!悩みのポータルサイト
 悩みサイト TOMO-CLUB 健康の悩み、美容の悩み、ダイエットの悩み、就職の悩み、自動車保険の悩み、生命保険の悩み、お金・金融の悩み、子育て・教育の悩みなど。
教育資金 (V)初めての方お問い合わせサイトマップ
悩みメニュー

悩みの掲示板 悩みの掲示板
掲示板の利用規約
恋愛の悩み
仕事の悩み
健康の悩み
対人関係の悩み
自分への悩み
その他の悩み

教育資金 健康
肩こり
便秘
腰痛
冷え性
疲れ目
花粉症
ストレス
煙草と禁煙
飲酒と健康

教育資金 美容
毛穴
シミ
ニキビ
肌荒れ
皮下脂肪
ビタミン
手荒れ
入浴
足のカサカサ

教育資金 ダイエット
ダイエットとは?
運動について
脳で痩せられる?
太る脳を診断
体脂肪を減らす
働き盛りの??

教育資金 就職
就職活動ABC
雇用保険の概要
労働トラブルQ&A
ミニ知識
職訓給付の申請
労災・保険類Q&A

教育資金 自動車保険
自動車保険ガイド
契約のポイント
自動車保険の種類
保険を安くしよう
事故を起こした時
車両保険を半額
見積りでチェック

教育資金 生命保険
生命保険てなに?
見分け方・選び方
保険会社のリスト
生命保険の種類
保険会社が破綻時
生命保険のQ&A

教育資金 お金・金融
ネット銀行比較
オンライン証券
家計を節約する
ドル預金MMF比較
主婦の税金対策
金融商品の特徴

教育資金 子育て・教育
教育資金(T)
教育資金(U)
教育資金(V)
子供の躾.ストレス
優秀な子供の教育
家庭のない家族
教育資金 (V)
 日本育英会の奨学金を利用する
教育プランが間際になって変更になった場合や積立準備が間に合わなかった場合など、打つ手はないものでしょうか。希望通りの学校に進学するために、いくつかの方法を検討してみましょう。
はじめに、利用できる奨励金制度を調べることです。奨励金には、返済義務のないものと返済義務のあるものがあります。

まず、進学する学校独自の奨励金制度を調べましょう。受給資格や返済義務の有無を確認します。利用できる場合は、奨励金の金額と金利や返済方法み確認して、申し込みの手続きをします。
一般に利用できるのは、日本育英会の奨励金です。

奨励金には第一種奨励金(無利子)と「きぼう21プラン奨励金」(第二種奨励金=有利子)があります。進学予定の前年に在学している学校を通じ申し込む予約採用方式と、進学した学校を通じて、原則として毎年春に申し込む在学方式とあります。

 第一種奨学金(無利息) 平成13年度入学者から適用

区分 貸与月額
自宅 自宅外
               高等学校       国・公立        1万8000円      2万3000円
       私立        3万円      3万5000円
        大学        短大       国・公立      4万2000円      4万8000円
       私立        5万円      5万7000円
       学部       国・公立      4万2000円      4万8000円
       私立      5万1000円      6万1000円

 きぼう21プラン奨学金(利息付き) 全学年

区分 貸与月額
自宅 自宅外
短期大学
大学(学部)
高等専門学校(4・5年生)
専修学校(専門課程)
3万円、5万円、8万円、10万円の中から自由に選択する。

国の教育ローンを利用する
入学金等が不足する場合は、教育ローンの利用を検討しましょう。借金ですから、できるだけ少なく、できるだけ安い利率で借りる方法を検討します。
民間金融機関では、幼稚園から大学・大学院までの入学金・授業料他の学校納入金が対象となる教育ローンを取り扱っています
。国民生活金融公庫では、3種類の「国の教育ローン」を取り扱っています。

教育一般貸付:高等学校や大学などに入学・在学する本人またはその保護者で、年間収入が1210万円(事業所得者については990万円)以内の人が利用できます。融資額は、学生1人につき200万円以内。10年以内の返済で、在学期間以内で元金の返済を据置き、利息のみの支払いとすることができます。

郵貯貸付:教育積立郵便貯金(教育資金U参照)の預金者で、年間の収入に関する制限がありません。融資額は、教育積立郵便貯金の現在高の範囲内(最高1人につき200万円以内)。

年金教育貸付:厚生年金保険または国民年金の加入期間が10年以上の被保険者が対象。年間の収入に関する制限は一般貸付と同じ。融資額は、厚生年金加入者は学生・生徒1名につき100万円以内、国民年金加入者は50万円以内。

雇用・能力開発機構の財形教育融資制度は、財形貯蓄をしている勤労者に、直後または事業主等を通じて、本人またはその親族の進学、修学、留学に要する資金を、長期、低利で融資する仕組みです。融資額は、財形貯蓄残高の5倍以内、10万円以上450万円以内です。国の教育ロ−ンと同様、固定金利で返済期間は10年以内。
トップ - 初めての方 - お問い合わせ - サイトマップ - ページTOP▲
Copyright (C) 2005 悩みサイトTOMO-CLUB All Rights Reserved.