悩みや不安を解決!解消する人、解消しない人の差がここにある!悩みのポータルサイト
 悩みサイト TOMO-CLUB 健康の悩み、美容の悩み、ダイエットの悩み、就職の悩み、自動車保険の悩み、生命保険の悩み、お金・金融の悩み、子育て・教育の悩みなど。
肌荒れの改善初めての方お問い合わせサイトマップ
悩みメニュー

悩みの掲示板 悩みの掲示板
掲示板の利用規約
恋愛の悩み
仕事の悩み
健康の悩み
対人関係の悩み
自分への悩み
その他の悩み

肌荒れの改善 健康
肩こり
便秘
腰痛
冷え性
疲れ目
花粉症
ストレス
煙草と禁煙
飲酒と健康

肌荒れの改善 美容
毛穴
シミ
ニキビ
肌荒れ
皮下脂肪
ビタミン
手荒れ
入浴
足のカサカサ

肌荒れの改善 ダイエット
ダイエットとは?
運動について
脳で痩せられる?
太る脳を診断
体脂肪を減らす
働き盛りの??

肌荒れの改善 就職
就職活動ABC
雇用保険の概要
労働トラブルQ&A
ミニ知識
職訓給付の申請
労災・保険類Q&A

肌荒れの改善 自動車保険
自動車保険ガイド
契約のポイント
自動車保険の種類
保険を安くしよう
事故を起こした時
車両保険を半額
見積りでチェック

肌荒れの改善 生命保険
生命保険てなに?
見分け方・選び方
保険会社のリスト
生命保険の種類
保険会社が破綻時
生命保険のQ&A

肌荒れの改善 お金・金融
ネット銀行比較
オンライン証券
家計を節約する
ドル預金MMF比較
主婦の税金対策
金融商品の特徴

肌荒れの改善 子育て・教育
教育資金(T)
教育資金(U)
教育資金(V)
子供の躾.ストレス
優秀な子供の教育
家庭のない家族
肌荒れの改善には血液の流れをよくする

肌荒れシミシワが少なく、美しくありたいは、女性の永遠の願望ですが、年をとるにつれて肌のツヤや輝き、ハリ、色あいなどが衰えて肌荒れも出てくるものです。
私たちの体は、日々新しい細胞に生まれ変わっています。新しい細胞に生まれ変わる期間は、およそ4ヵ月くらいで、このことを新陳代謝とよびます。

人間は20歳を過ぎたころから細胞をつくる合成力が衰えはじめ、細胞分裂がスピードダウンし肌荒れはじめたり、あるいは不完全な質の悪い細胞などがつくられるようになってきます。
皮膚の新陳代謝が衰えると、肌荒れの原因である細胞と細胞をつなぐ材料となっているコラーゲンの生成のスピードは遅くなり、肌荒れ、肌のシワ、シミの原因となります。

また、肌荒れや肌がトラブルを起こすのは、内臓疾患や便秘、体質なども大きな原因になっています。たとえば肌荒れは酒の飲みすぎ、タバコの吸いすぎ、夜ふかし、不規則な食事などからくる血行不良が根本原因です。
肌荒れの改善には血液の流れをよくすると、新陳代謝が活発になり、体の中の老廃物が早く対外に排出されていれば、肌荒れはなくなります。

肌荒れ、シミ、シワをなくし美肌づくりのポイントは、皮膚にいつも十分な栄養を行き渡らせることです。
皮膚の細胞は、約4週間を周期に古い物から新しいものへと入れ替わります。この新陳代謝が円滑であれば、肌荒れはなくなりいつもつややかで生き生きとした素肌を保てるのです。
栄養素から言いますと、良質なタンパク質が健康な皮膚をつくり、ビタミンB群が皮膚の新陳代謝を促し肌荒れを防ぎ、肌に弾力性をもたらせてくれます。抹消血管の血行を促し、肌の血色をよくするのはビタミンEです。
    
             生理前に起こる肌荒れ
生理前になると肌荒れに悩まされる女性が多いですね。これは、女性特有の女性ホルモンのバランスの変化が与えている影響です。

女性ホルモンとは女性らしい体つきや身体のリズムを司る重要な働きをしているもので、卵胞ホルモン(エストロゲン)と黄体ホルモン(プロゲステロン)の2種類があります。

卵胞ホルモンは月経直後から排卵前にかけて分泌が高まり、月経直前に急激に減少するホルモンで、排卵を促し、子宮内膜を増殖させて妊娠に備えたり、女性らしい体型をつくるほか、肌の新陳代謝を促進させる働きをします。

一方、黄体ホルモンは妊娠をサポ−トするホルモンともいわれ、排卵後から月経直前までに多く分泌され、排卵後から月経直前までに多く分泌され。排卵を抑制し、受精卵が着床しやすい状態を保ちます。体温を上昇させる作用があり、これを利用したものが基礎体温です。

生理前になると肌荒れに悩まされる女性か多いのは、この黄体ホルモンの仕業。肌の皮脂分泌が活発になるので、肌が荒れやすくなり、その結果ニキビや吹き出物ができやすくなるからです。

また、メラニン色素の生成量が増えるため、この時期はシミやソバカスができやすく、紫外線対策をしっかり行うことが大切です。
女性ホルモンは、個人差はあるものの、約28日前後の周期で規則的な変化をしているのが一般的です。
月経が正常な方でも、ホルモンバランスの変化によって、女性の体は影響を受けやすいので、自分の体質を把握し、その時期にあわせた体調管理を心がけましょう。

生理前に起こるちょっとした体調の変化は、女性なら誰でも経験することですが、日常生活に影響があるほどのひどい下腹部痛や腰痛、イライラ、憂鬱感などがあるなら、「月経前症候群」かもしれません。

栄養の偏りは症状を悪化させるので、パランスよく食事をすることが大事。豆、緑黄色野菜、海藻類などを積極的に摂りましょう。
イライラを鎮めるには、十分な睡眠、適度な運動も重要。ホルモン分泌のバランスが整えられます。
そして、症状を悪化させる最大の原因はストレスです。お風呂にゆっくり入ったり、ショッピングや趣味でストレスを解消するなと、自分に合った方法でリラックスするようにしましょう。


トップ - 初めての方 - お問い合わせ - サイトマップ - ページTOP▲
Copyright (C) 2005 悩みサイトTOMO-CLUB All Rights Reserved.