悩みや不安を解決!解消する人、解消しない人の差がここにある!悩みのポータルサイト
 悩みサイト TOMO-CLUB 健康の悩み、美容の悩み、ダイエットの悩み、就職の悩み、自動車保険の悩み、生命保険の悩み、お金・金融の悩み、子育て・教育の悩みなど。
自動車保険の契約のポイント初めての方お問い合わせサイトマップ
悩みメニュー

悩みの掲示板 悩みの掲示板
掲示板の利用規約
恋愛の悩み
仕事の悩み
健康の悩み
対人関係の悩み
自分への悩み
その他の悩み

自動車保険の契約のポイント 健康
肩こり
便秘
腰痛
冷え性
疲れ目
花粉症
ストレス
煙草と禁煙
飲酒と健康

自動車保険の契約のポイント 美容
毛穴
シミ
ニキビ
肌荒れ
皮下脂肪
ビタミン
手荒れ
入浴
足のカサカサ

自動車保険の契約のポイント ダイエット
ダイエットとは?
運動について
脳で痩せられる?
太る脳を診断
体脂肪を減らす
働き盛りの??

自動車保険の契約のポイント 就職
就職活動ABC
雇用保険の概要
労働トラブルQ&A
ミニ知識
職訓給付の申請
労災・保険類Q&A

自動車保険の契約のポイント 自動車保険
自動車保険ガイド
契約のポイント
自動車保険の種類
保険を安くしよう
事故を起こした時
車両保険を半額
見積りでチェック

自動車保険の契約のポイント 生命保険
生命保険てなに?
見分け方・選び方
保険会社のリスト
生命保険の種類
保険会社が破綻時
生命保険のQ&A

自動車保険の契約のポイント お金・金融
ネット銀行比較
オンライン証券
家計を節約する
ドル預金MMF比較
主婦の税金対策
金融商品の特徴

自動車保険の契約のポイント 子育て・教育
教育資金(T)
教育資金(U)
教育資金(V)
子供の躾.ストレス
優秀な子供の教育
家庭のない家族
自動車保険の契約のポイント

1.年齢条件は適切か?

年齢条件を付けることで、保険料を安く抑えることができます。でも、一定年齢(21歳、26歳、30歳など)未満の者が運転して事故を起こした場合には保険が付いていないことになってしまいます。

例えば、子供が18歳になって運転免許を取ったのに、長年にわたって更改を繰り返してきた場合など、契約の年齢条件を変更し忘れる可能性があるので注意してください。

年齢条件を付けている場合には、家族全員にそのことを知らせておきます。年齢条件があることを知らずに、保険金支払いの対象にならない年齢の人に運転を代わってもらう恐れがあるからです。

もし保険金支払いの対象にならない年齢の人が運転する可能性があるのであれば、年齢制限は付けるべきではありません。

2.家族限定特約を付けることができるか?

家族限定特約も保険料を安く抑える上で有効です。でも、家族以外の人が運転した場合には保険金の支払いの対象になりません。

家族限定特約を付ける場合は、家族以外の人が運転する可能性がないかをチェックしておく必要があります。長年に渡って更改を繰り返してきた契約の場合は特に見落とされがちです。

家族特約を付ける場合も、年齢条件を付ける場合と同様に家族全員に家族限定特約が付加されていることを周知徹底しておく必要があります。

3.ファミリーバイク特約は必要ないか?

家族のうち誰かが原動機付き自転車を持っているか、他人から借りて使用している場合にはファミリーバイク特約を付けることを検討する価値があります。

ファミリーバイク特約は、一般的に原動機付き自転車に別途保険を付けるよりも保険料が安くなります。ただ、搭乗者傷害保険等が適用にならない点には注意が必要です。

また、ファミリーバイク特約は適用される家族の範囲にも注意してください。

長年に渡って更改を繰り返してきた契約では、不必要なファミリーバイク特約が付いていることがあります。無駄な保険料を払っていないかチェックしてみましょう。

4.地震・噴火・津波危険車両損害担保特約は必要ないか?

地震・噴火・津波により車両が損傷した場合には、車両保険は支払われません。

地震・噴火・津波危険車両損害担保特約を付ければ保険金対象の支払いの対象になりますが、割増保険料の支払いが必要になります。不安な方は契約しておくと良いでしょう。


自動車保険の内容とポイント
自動車保険(任意保険)は、以下の7つの構成になってます。

1.対人賠償保険 歩行者、同乗者、またはほかの車両に乗っている「他人」を死亡、負傷させて法律上の損害賠償責任を負った場合、自賠責保険から支払われる保険金額をオーバーする部分について支払われる保険です。

2.対物賠償保険 交通事故を起こして、他人のクルマやモノなどの財物に、破損、汚損、滅失などの損害を与え、法律上の賠償責任を負った場合に保険金が支払われる保険です。

3.搭乗者傷害保険 保険を契約した車両に搭乗中の人が、死亡または傷害を負った場合に保険金が支払われる保険です。運転者も対象に含まれます。

4.自損事故保険 運転者(被保険者)が自らの責任で起こした自動車事故によって死亡したり、傷害または後遺障害を被った場合に保険金が支払われる保険です。

5.無保険車傷害保険 対人賠償保険などがついていないクルマとの事故で死亡したり、後遺傷害を負った場合に保険金が支払われる保険です。

6.人身傷害補償保険 ケガによる治療費、休業補償、慰謝料などの損害を、契約した保険金額を限度に100%補償してくれる保険です。つまり、過失の大小に関係なく、自分の契約した保険会社から損害賠償金を受け取れます。

7.車両保険 契約している車両に、衝突や接触、火災、爆発、盗難、台風、洪水などの偶然の事故によって損害が生じた場合に修理代などが支払われる保険です。

トップ - 初めての方 - お問い合わせ - サイトマップ - ページTOP▲
Copyright (C) 2005 悩みサイトTOMO-CLUB All Rights Reserved.