悩みや不安を解決!解消する人、解消しない人の差がここにある!悩みのポータルサイト
 悩みサイト TOMO-CLUB 健康の悩み、美容の悩み、ダイエットの悩み、就職の悩み、自動車保険の悩み、生命保険の悩み、お金・金融の悩み、子育て・教育の悩みなど。
ビタミン・美白・メラニン初めての方お問い合わせサイトマップ
悩みメニュー

悩みの掲示板 悩みの掲示板
掲示板の利用規約
恋愛の悩み
仕事の悩み
健康の悩み
対人関係の悩み
自分への悩み
その他の悩み

ビタミン・美白・メラニン 健康
肩こり
便秘
腰痛
冷え性
疲れ目
花粉症
ストレス
煙草と禁煙
飲酒と健康

ビタミン・美白・メラニン 美容
毛穴
シミ
ニキビ
肌荒れ
皮下脂肪
ビタミン
手荒れ
入浴
足のカサカサ

ビタミン・美白・メラニン ダイエット
ダイエットとは?
運動について
脳で痩せられる?
太る脳を診断
体脂肪を減らす
働き盛りの??

ビタミン・美白・メラニン 就職
就職活動ABC
雇用保険の概要
労働トラブルQ&A
ミニ知識
職訓給付の申請
労災・保険類Q&A

ビタミン・美白・メラニン 自動車保険
自動車保険ガイド
契約のポイント
自動車保険の種類
保険を安くしよう
事故を起こした時
車両保険を半額
見積りでチェック

ビタミン・美白・メラニン 生命保険
生命保険てなに?
見分け方・選び方
保険会社のリスト
生命保険の種類
保険会社が破綻時
生命保険のQ&A

ビタミン・美白・メラニン お金・金融
ネット銀行比較
オンライン証券
家計を節約する
ドル預金MMF比較
主婦の税金対策
金融商品の特徴

ビタミン・美白・メラニン 子育て・教育
教育資金(T)
教育資金(U)
教育資金(V)
子供の躾.ストレス
優秀な子供の教育
家庭のない家族
ビタミンの重要性
● ビタミンとは、体の様々な機能を円滑に行わせるため触媒的に働く有機化合物の一群である。
● ビタミンの種類:A、B1、B2、B5、B6、B12、C、D2、D3、E、K1、K2、K3、ビオチン、ニコチン酸、葉酸

A,D,E,Kのビタミンは脂溶性、B,Dのビタミンは水溶性

● プロビタミン
  体のなかにあるビタミンに変化する前のいわゆるビタミンの前駆体

● ビタミンA: 皮膚の毛孔口の異常角化の抑制(ニキビ用化粧品、ふけ防止化粧品等)、細胞再生機能、コレステロール合成抑制機能、活性酸素捕捉機能

化粧品に使用されるビタミンA1:パルミチン酸レチノール, ビタミンA1酸エステル(ビタミンA油)
プロビタミンA:α、β、γーカロチンなどのカロチノイド
※ビタミンAは不足すると欠乏症に、過剰に摂取すると過剰症になる。
急性過剰症は、乳児に、慢性過剰症は、乳幼児に多い。
過剰症の症状:疼痛性腫瘍、皮膚の乾燥、かゆみ、皮膚角質層の剥離、脱毛。        

● ビタミンB5: パントテン酸(類):繊維芽細胞増殖促進による細胞修復機能、皮膚の性状な角化促進、アトピー性皮膚炎、かぶれ治療に効果があるとされる。爪に柔軟性を与える。抜け毛予防、ふけ抑制。
化粧品に使用されるビタミンB5:パントテニルアルコール(プロビタミンB5)、D−パンテイン、D−パンテチン、パントテニルエチルエーテル。
アセチルパントテニルエチルエーテル

● ビタミンB6: 皮脂分泌の抑制(ニキビ用化粧品、ふけ防止化粧品等)
化粧品に使用されるビタミンB6:塩酸ピリドキシン、リン酸ピリドキサールカルシウム、リン酸ピリドキサミン、ジカプリル酸ピリドキシン、ジパルミチン酸ピリドキシン

  ビタミンC:誘導体:コラーゲン合成促進、メラニン生成抑制(美白化粧品等)、免疫機能促進

  ビタミンD:皮膚の急性滲出性炎症、湿疹、アレルギー性皮膚炎の治癒、軽減に効果があるとされる。
化粧品に使用されるビタミンD類:ビタミンD2(エルゴカシフェノール)、ビタミンD3(コレカルシフェノール)、ジヒドロタキステロール

  ビタミンE: 酸化防止剤(抗酸化機能)、抹消血管拡張効果(肌荒れ用化粧品、育毛剤)
化粧品に使用されるビタミンE類: DLーαートコフェロール、D-δートコフェロール、酢酸DLーαートコフェロール、コハク酸DLーαートコフェロール、コハク酸DLーαートコフェロールカルシウム、ニコチン酸DLーαートコフェロール、リノール酸DLーαートコフェロール



ビタミンC(アルコルビン酸、及び誘導体)(美白系原料)

ビタミンC(アスコルビン酸)は、メラニンの生成の途中段階を阻害することにより、メラニンの生成を抑制し、また、有色の酸化型メラニンを無色の還元型メラニンに変える作用がある美白系原料であるが、水溶液としたとき急速に失活するため溶液中ではその、誘導体を利用するのが、一般的である。

ビタミンCの誘導体:
アスコルビン酸リン酸エステルマグネシュウム:安定な水溶性誘導体
アスコルビン酸グルコシド:酸化に強い安定な誘導体で、生体内でビタミンCとグルコースに分解される。
アルコルビン酸ナトリウム:水溶液中で不安定
モノステアリン酸アスコルビル・モノパルミチン酸アルコルビル: エタノール可溶、水に不溶
ジパルミチン酸アスコルビル:油脂類、有機溶剤に可溶
アスコルビン酸硫酸エステル二ナトリウム:水に可溶、油脂類に不溶

美白とメラニン

日焼けにより皮膚が茶色く着色するのは皮膚の中で、メラニンが生成されるためであることは皆様ご承知のとおりです。
メラニンはメラノサイト(色素母細胞)という皮膚組織で、チロシンを出発原料として生成されます。チロシンはチロシナーゼ等の、酵素により数段階の化学変化を経て、メラニンになります。

つまりメラニンの量を減少させる、もしくは増やさないのが、美白化粧品の基本です。
美白を効能とする化粧品原料は、メラニンの生成を抑制するもの、生成されたメラニンを還元するもの、生成されたメラニンの排出を促進するもの、に大別されます。

メラニンには黒色メラニンのユウノメラニン、黄色ないし赤色のフェオメラニンの2種ルがあり、人種、および個体間の皮膚色の違いは、このメラニンの種類のためです。


メラノサイトは表皮の基底部にある細胞で紫外線から皮膚を防御するためメラニンを生成しています。
メラノサイトで生成されたメラニンは表皮に渡され新陳代謝により次第に表層へ移動し最終的に角質層から剥離して外へ排出される。
皮膚のターンオーバー正常に機能すればメラニンは皮膚外へ排出されるが、老化等の原因によりこの機能が正常に作用しなかった場合、メラニンは皮膚の中で停滞し、色素沈着、いわゆるシミ等の原因になることがあります。

トップ - 初めての方 - お問い合わせ - サイトマップ - ページTOP▲
Copyright (C) 2005 悩みサイトTOMO-CLUB All Rights Reserved.