悩みや不安を解決!解消する人、解消しない人の差がここにある!悩みのポータルサイト
 悩みサイト TOMO-CLUB 健康の悩み、美容の悩み、ダイエットの悩み、就職の悩み、自動車保険の悩み、生命保険の悩み、お金・金融の悩み、子育て・教育の悩みなど。
アルコールと健康(飲酒)初めての方お問い合わせサイトマップ
悩みメニュー

悩みの掲示板 悩みの掲示板
掲示板の利用規約
恋愛の悩み
仕事の悩み
健康の悩み
対人関係の悩み
自分への悩み
その他の悩み

アルコールと健康(飲酒) 健康
肩こり
便秘
腰痛
冷え性
疲れ目
花粉症
ストレス
煙草と禁煙
飲酒と健康

アルコールと健康(飲酒) 美容
毛穴
シミ
ニキビ
肌荒れ
皮下脂肪
ビタミン
手荒れ
入浴
足のカサカサ

アルコールと健康(飲酒) ダイエット
ダイエットとは?
運動について
脳で痩せられる?
太る脳を診断
体脂肪を減らす
働き盛りの??

アルコールと健康(飲酒) 就職
就職活動ABC
雇用保険の概要
労働トラブルQ&A
ミニ知識
職訓給付の申請
労災・保険類Q&A

アルコールと健康(飲酒) 自動車保険
自動車保険ガイド
契約のポイント
自動車保険の種類
保険を安くしよう
事故を起こした時
車両保険を半額
見積りでチェック

アルコールと健康(飲酒) 生命保険
生命保険てなに?
見分け方・選び方
保険会社のリスト
生命保険の種類
保険会社が破綻時
生命保険のQ&A

アルコールと健康(飲酒) お金・金融
ネット銀行比較
オンライン証券
家計を節約する
ドル預金MMF比較
主婦の税金対策
金融商品の特徴

アルコールと健康(飲酒) 子育て・教育
教育資金(T)
教育資金(U)
教育資金(V)
子供の躾.ストレス
優秀な子供の教育
家庭のない家族

アルコールと健康(飲酒) お役立ちリンク
お酒は、酒税法では酒類、食品衛生法では酒清飲科(アルコール飲料)と呼ばれます。アルコールを1%以上含む飲料のことをいいます。

1 主なお酒のアルコール含有量の比較

 穀類・果実を原科として、発酵させてつくった酒が醸造酒です。発酵によってつくった酒をさらに蒸留して、アルコール含有の割合が増したものが蒸留酒です。
 主なお酒のアルコール含有量は、イラストのとおりです。

2 どんなお酒をどのくらい飲んでいるか

現在、日本人の酒類の消費量を成人1人あたりに換算すると、およそ1日に260ml飲んでいます。このうち、ビールが全体の約3分の2を占め、以下多い順に清酒、ウイスキー、ワイン、その他となります。

 からだに及ぼす影響を考えるには、含まれるアルコール量に換算する必要があります。
 摂取する純アルコールの量としてみた場合は、ビールと清酒とで差はなくなっています。焼酎、ウイスキーも割合がぐっと高くなっています。・純アルコールに換算して考える必要がある

 おおまかな目安として、清酒1合、ビール大びん1本、焼酎お湯割り1合、ウイスキーでダブル1杯、ワインでグラス2杯は、ほぼ同量のアルコールを含むと考えてよいでしょう。

・飲酒する人の割合

 成人のうち飲酒する人は、およそ男性で8割、女性で6割といわれています。月1〜2回、食前酒を楽しむ人から、連日おちょうしを5本以上もあける人までさまざまです。
 清酒に換算して、1日に5〜6合以上を飲む人を大量飲酒者といい、成人男女合計で220万人いるという推計もあります。こういう人たちは毎日、純アルコールを150ml程度摂取していることになり、いずれなんらかの健康障害をおこす可能性があります。


アルコールはからだの中でどうなるか?
1 アルコールの吸収と分解

・アルコールはまず胃で吸収される


 飲んだアルコールは、まず胃から吸収されます。通常は30〜40分かかっておよそ30%程度が吸収されますが、胃に食べ物があるとその時間は長びきます。また、空腹状態で蒸留酒のようなアルコール濃度の高いお酒を飲んだときは吸収量も多く、吸収速度も速くなります。
 残りは小腸に移行し、すみやかに吸収されます。胃および小腸で吸収されたアルコールは、門脈を通って肝臓に運ばれます。

・一部は肝臓を通り抜けて血液中に移行する

 肝臓に入ったアルコールの一部は、そのまま通り抜けて、きわめて短時間のうちに全身の血液や体液中にいきわたり、血液中のアルコール濃度が高くなります。
 また、飲んだアルコールの3%程度は、呼気や尿中に排出されます。お酒を飲んだあと、息や尿が酒くさいのはこのためです。

・肝臓でアルコールが代謝(酸化)されるしくみ

 大部分のアルコールは、肝臓で分解(酸化)されてアセトアルデヒドとなり、ついで酢酸に分解されます。酢酸は、一部は肝臓で利用されますが、大部分は全身の筋肉や脂肪組織に運ばれて、最後は二酸化炭素と水になって、体外へ排出されます。

2 エネルギー源としてのアルコール

 アルコールは、上に述べた、二酸化炭素と水に分解される過程でエネルギ一を発生し、筋肉などの組織で仕事や成長に利用されます。

・飲酒の場合のアルコールのエネルギ一価は1gあたり5〜7kcal

 空気中では、アルコールは1gで7kcalの熱を発生します。しかし、飲酒で多量に摂取した場合には、呼気や尿中に失われる量、実際の利用率などを考えて、5kcalとするのが適当だとされています。

・アルコールが過剰なときはマイナス効果のほうが大きくなることも

 しかしながら、お酒の飲みすぎで他の食べ物をとる量が減ったり、体内で代謝が不完全におわるようになると、全体としてマイナス効果を生みます。こうなると、アルコールに仕事や成長のエネルギーを期待するどころではありません。

3 アルコールに強い、弱い

・”飲める””飲めない”は生まれつきのもの

 少量の酒でも顔が赤くなり、動悸や頭痛がする人がいます。このような人では、アルコールの代謝産物であるアセトアルデヒドを速やかに分解する酵素のはたらきが、生まれつき低いのです。そのため、すこしお酒を飲んでも血液のアセトアルデヒド濃度が高くなります。アセトアルデヒドは、アルコールそのものよりはるかに毒注が強く、皮膚の血管を拡張して顔面を紅潮させるだけでなく、いわゆる悪酔いの原因となります。

・イッキ飲み飲酒の無理強いは要注意

 日本人の約半数は、アセトアルデヒドの分解がうまくいかない人たちです。顔がまっ赤になっても、多少は飲酒可能な人もいますが、全くお酒を受けつけない人もいます。いわゆるイッキ飲みや、飲酒の無理強いによって、急性アルコール中毒をおこす危険があるので注意が必要です。

・普通に飲める人の、酒酔いの程度と血中アルコール濃度との関係

 飲酒をはじめると、血液中のアルコール濃度はしだいに上昇し、「酔い」がおこってきます。普通に飲める人の、血液中のアルコール濃度と酒酔いの程度のおよその目安を表に示しました。
 血液中のアルコール濃度の上がりかたは、飲む速さ、一緒にとる食事の量や種類などによって違ってきます。胃が空っぽの状態でウイスキーなどのストレートなどをいちどに多量に飲むと、血液中のアルコール濃度は急激に高くなり、酔いもはやくまわります。

┃黒┃━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃酢┃●3日分 お試し価格の ワンコイン(100円です!) ■ 黒酢屋本舗
┃俳┃━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃句┃●スポーツの 前に2粒 元気保障!(飲みやすいソフトカプセルです!)
     お申し込みはこちらから
┃★┃━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

次ページへ[2/1]
トップ - 初めての方 - お問い合わせ - サイトマップ - ページTOP▲
Copyright (C) 2005 悩みサイトTOMO-CLUB All Rights Reserved.