悩みや不安を解決!解消する人、解消しない人の差がここにある!悩みのポータルサイト
 悩みサイト TOMO-CLUB 健康の悩み、美容の悩み、ダイエットの悩み、就職の悩み、自動車保険の悩み、生命保険の悩み、お金・金融の悩み、子育て・教育の悩みなど。
アルコールと健康(飲酒)初めての方お問い合わせサイトマップ
悩みメニュー

悩みの掲示板 悩みの掲示板
掲示板の利用規約
恋愛の悩み
仕事の悩み
健康の悩み
対人関係の悩み
自分への悩み
その他の悩み

アルコールと健康 健康
肩こり
便秘
腰痛
冷え性
疲れ目
花粉症
ストレス
煙草と禁煙
飲酒と健康

アルコールと健康 美容
毛穴
シミ
ニキビ
肌荒れ
皮下脂肪
ビタミン
手荒れ
入浴
足のカサカサ

アルコールと健康 ダイエット
ダイエットとは?
運動について
脳で痩せられる?
太る脳を診断
体脂肪を減らす
働き盛りの??

アルコールと健康 就職
就職活動ABC
雇用保険の概要
労働トラブルQ&A
ミニ知識
職訓給付の申請
労災・保険類Q&A

アルコールと健康 自動車保険
自動車保険ガイド
契約のポイント
自動車保険の種類
保険を安くしよう
事故を起こした時
車両保険を半額
見積りでチェック

アルコールと健康 生命保険
生命保険てなに?
見分け方・選び方
保険会社のリスト
生命保険の種類
保険会社が破綻時
生命保険のQ&A

アルコールと健康 お金・金融
ネット銀行比較
オンライン証券
家計を節約する
ドル預金MMF比較
主婦の税金対策
金融商品の特徴

アルコールと健康 子育て・教育
教育資金(T)
教育資金(U)
教育資金(V)
子供の躾.ストレス
優秀な子供の教育
家庭のない家族

アルコールと健康 お役立ちリンク
・受け入れる物(体液量)が小さい人ほど作用を強く受けやすい

 酒酔いは、アルコールが脳に薬物としての作用を及ぼした結果としてあらわれたものです。アルコールは酔いのほか、からだにさまざまな作用を及ぼします。その作用のあらわれ方は、一般的にいって、体液量が少ない人、(体格の小さい人)、女性や老人に大きめになると考えられています。

アルコールが全身に及ぼす作用

 吸収されて血液に入り、全身をめぐるアルコールは、その過程で、体内のあらゆる臓器に影響を及ぼしはじめます。

1 薬物としてのアルコールがおこす急性の生理的変化

・アルコールという物質は、体外から入ってきた異物である


 アルコールは、生体では生成されない、いわば体外から入ってきた異物であり、からだの基本的な生理活動とは関係ありません。必須の栄養素でもありません。ですから、アルコールがからだに及ぼす変化は、薬物としての作用と考えられています。

・胃や肝臓など消化器系に対する作用

 少量のアルコールは、胃の血流をよくし、胃液の分泌を促し、食欲を増してくれます。ただし、大量のアルコールは逆に胃液の分泌を抑えるだけでなく、胃粘膜を傷つけます。小腸では、ビタミン(B群)の吸収を妨げることが知られています。
 アルコールは肝臓内では、脂肪の合成を増したり、たん白質の合成を抑制するなど、代謝に変化をおこします。とくに注意したいのは、薬と一緒にアルコールを摂取した場合です。肝臓はアルコールの処理を優先させるため、薬の解毒があとまわしになり、薬の作用が強くですぎたり長く続きすぎたりすることがあります。

・利尿作用(脱水作用)

 飲酒時には尿量が多くなることはよく経験します。これは血液中のアルコール濃度が高まると、浸透圧の影響でからだから水を奪って尿として排出してしまうなどのためです。飲酒後にのどがかわくのはそのためです。

・脳(中枢神経系)への作用

 脳はアルコールによって、もっとも強く作用をうける部位です。いわば、脳が眠った状態になり、前に述べた「酒酔い」がおこってきます。血液中のアルコール濃度が高くなるほど、脳の眠り(抑制)は深くなります。

・血管系に対する作用

 アルコールは皮膚の末梢血管の血流量を増やし、温熱感(顔のほてりなど)がおこり、からだからの放熱量が増します。

2 飲みすぎるとおこってくる健康障害

 アルコールのとりすぎが、長年つづいていると、肝臓をはじめ、いろいろな臓器に障害が生じてきます。

・アルコールと肝障害

 体内に入ったアルコールの大部分は肝臓で処理されます。そのため、アルコールの直接的な作用で障害が生じます。アルコールによる初期の肝障害は、飲酒をやめれば速やかに消えたり、改菩するのが特徴です。
 しかし、1日に、アルコールにして100ml(清酒で3.5合)をとりつづけると、重い肝障害をおこす危険が高いと考えられています。女性は男性に比ベ肝障害がおこりやすく、また、短期間で重症の肝障害になりますので、注意が必要です。

・アルコールと高皿圧、脳卒中

 
少量のアルコール(25ml程度)は、動脈硬化を予防するようにはたらくといわれています。しかし、毎日飲んでいる人ほど、高血圧になりやすくなります。そのため、脳卒中をおこす危険度も高くなります。そして、ふだんの量よりアルコール摂取量を減らすと、血圧が下がってくることもわかっています。

・アルコールと心臓病

 長年、大量のアルコールをとりつづけていると、心筋を傷つけ、異常があらわれてきます。また、休日などに大量のアルコールをとった翌日に、不整脈がおこることがあります。

・アルコールへの依存症

 毎日アルコールを大量に摂取している人が、酒がきれたとき、夜眠れない、朝起きると指先がふるえてる、などのことがおこることがあります。これはアルコール離脱症状(禁断症状)です。
 アルコールには、もともと身体依存(アルコールを求めるからだ)におちいらせる性質があるのです。これに、イライラをしずめるために酒を飲むといった精神依存(アルコールを求めるこころ)が加わると大変です。しまいには、仕事のことも家庭のことも、また自分自身の健康のことも気を配るゆとりはなくなり、アルコールに溺れる状態となってしまいます。
 こうなりたくなければ、毎日毎日、アルコールを大量に摂取するという習慣を変えることです。

健康をそこなわないための飲酒法
健康な生活をおくるためには「適正飲酒」を守ることが大切です。

1 週に2日程度は肝臓を休ませる

 毎日かかさず飲酒するのは、肝臓に負担をかけつづけるだけでなく、習慣性となるので好ましくありません。1週間に少なくとも1〜2日は、酒を飲まない日をつくりましょう。

2 清酒換算で1〜2合にとどめる

 健康をそこなわないためには、清酒に換算して1日に1〜2合が適量と考えられています。いま飲んでいる量を少し減らしましょう。ほろ酔い加減でやめておきたいところです。

3 食べながら飲む

 強いお酒を空きっ腹に流しこむのはいけません、胃の粘膜を保護するために、また、吸収速度を緩和するために、たん白質や脂肪、ビタミン豊富な食べ物をつまみにしながら、楽しい雰囲気で飲みましょう。

4 妊娠中は酒をひかえる

 妊娠中に飲酒すると、障害(胎児性アルコール症候群)をもった赤ちゃんが生まれる可能性があります。妊娠中、あるいは妊娠が予測される人は、飲酒をひかえましょう。

おわりに

 飲酒の習慣はアルコールの過剰摂取をまねきやすいものです。その結果、アルコール性肝障害やアルコール依存症がひき起こされ、これが進行すると肝硬変や神経障害になり、人生を破局に導くことにもなります。
 とはいえ、アルコールは適度に摂取するかぎりはそのような心配はなく、プラスの効果も期待できます。食前酒は心身の緊張をほぐし食欲を増進させ、また、社交の場では人間関係をスムーズにし、精神的な意味で役立つこともあります。晩酌は一日の疲れをいやし、明日への英気を養います。ときどきご厄介になる寝酒は入眠を容易にします。しかし、これも深酒の場合は睡眠そのものが分断されてしまいます。
 アルコールは、以上述べてきたように、健康に直接的に影響を及ぼします。アルコールは依存性をもった薬物でもあるので、飲み方については自分自身をしっかりとコントロールすることが必要です。

-前ページへ戻る-[2/2]
トップ - 初めての方 - お問い合わせ - サイトマップ - ページTOP▲
Copyright (C) 2005 悩みサイトTOMO-CLUB All Rights Reserved.